協同海運株式会社 様々な産業を支えるエネルギー資源の海上運送

scroll

service サービス内航海運を中心にした海上運送業

エネルギー資源の内航海運を中心に、倉庫業など
海上運送業をトータルにサポートしています。

内航海運業

主に四日市港から、中部電力(株)碧南石炭火力センター向け発電用石炭の二次内航輸送(年間100万トン)業務に取り組んでおり、その他穀物・鋼材・重機等の伊勢・三河湾内輸送も担っています。
安全運航を第一とする、安全海上輸送に努めております。

貸物利用運送事業(内航)

荷主の依頼を受け、伊勢・三河湾内の海上貨物(発電用石炭・穀物・鋼材・重機他)運送の取次業務を行っています。

内航船舶代理店業

内航船舶代理店業

関係業者(船舶・荷役業者・荷主など)と船舶荷役・綱取、放しなど港湾作業についての調整と関係先への手配を行っています。

賃貸事業

賃貸事業

本社内と隣接地に倉庫を所管しており、地域密着の強みを生かした倉庫賃貸事業に努めています。

関連事業・物品販売

関連事業・物品販売

火力発電所から出る石炭燃焼後の灰の一部を、主に土壌改良を目的とし販売しております。

時代のニーズに合わせた事業展開

新分野へも果敢に挑戦しています。

クリンカアッシュ

クリンカアッシュを用いた
土壌改良工法

クリンカアッシュは、石炭灰の一種で「良い土」の三要素である
保水性、排水性、保肥力を全て備え、さらに通気性にも優れています。

詳しくはこちら

message メッセージ代表あいさつ

代表取締役社長 西村 譲治

当社は四日市機帆船協同組合(創業昭和26年)を前身に昭和37年(1962年)に設立され、以来内航海運を中心にエネルギー資源の海上輸送を行ってきました。
現在は内航海運に加え倉庫業、関連事業として石炭灰(土壌改良資材)の販売などに取り組み、時代のニーズに合せた事業展開と地域社会への貢献などを目標に日々努力しております。

環境問題が深刻化している今、一度に大量輸送ができ日本の地勢に適した海運業は全産業を支える基盤の一つと確信し誇りを持って取り組んでいます。
今後もますます多様化、複雑化する物流業界においてこれからも新分野へ果敢に挑戦するとともに、安全で確実な輸送サービスの提供に努めてまいりますので、弊社への変わらぬご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

会社概要会社概要

会社概要

会社概要

社名 協同海運株式会社
所在地 〒510-0059 
三重県四日市市尾上町7番地6
TEL/FAX 059-352-5135(代)/059-352-5140
設立 1962(昭和37)年6月8日
資本金 4,790万円
所属団体 東海内航海運組合
取引銀行 第三銀行四日市支店/
百五銀行四日市支店/
日本政策金融公庫津支店/
桑名信用金庫四日市西支店
運航船腹量 押船 2隻(218トン)/
輸送用バージ 3隻(2,410トン)
賃貸倉庫 建物床面積 1,584㎡

船舶職員随時募集中

詳しくはお問い合わせください。

Tel.059-352-5135

アクセス

〒510-0059 三重県四日市市尾上町7番地6

ページのトップへ